Black Fridayセール終了までの残り時間
00
:
21
時間
:
04
:
42
10,000 円以上のご注文で配送無料

スワロフスキー 匠の技とクラフツマンシップ

Title:
今年のSwarovski Crystal Society (SCS)コレクションは、アフリカの動植物、特にシマウマからインスピレーションを得ています。アフリカの馬の自然の美しさが見事に表現されたクリスタルをお楽しみください。

まばゆい輝きを放つ動物

Title:
 シマウマの縞模様は、シマウマにとって重要な要素です。動物はそれぞれ独特の模様をもっています。しかし、シマウマの縞模様はどうやってできたのか、あるいはどんな目的で使われているのかといった質問は、長い間議論されてきました。

アフリカの炎天下でシマウマが涼しく過ごせるように保つ役目があるという説もあれば、シマウマの縞模様は虫除けとして機能し、シマウマの皮に落ちるハエをごまかせるという説があることも最近の研究でわかっています。 

また、黒と白のストライプが動けば、シマウマの捕食者を混乱させる「まぶしい効果」があると主張する人もいます。
これは、動物が動くスピードや進行方向を偽装したり、大きな群れにいるときにカモフラージュするのにも役立ちます。この現象から、シマウマの群れは「まぶしい」と呼ばれるようになり、クリスタルで再現するのに完璧な動物となったのです。今年のSCS 2021年度限定作品 シマウマ Amaiは、アフリカのサバンナに生息する馬のように、まさに「まぶしく」輝きます。

完璧さを求める7つのステップ

Subtitle:

革新的デザイナーとして有名なハインツ・ターバーツホーファーは、シマウマ特有の縞模様をクリスタルに仕上げることにチャレンジしました。母なる大自然を象徴する作品を完成させるため、ハインツは以下のプロセスで製作しました:

ステップ 1:調査・スケッチ 

ハインツは、イヴリン・ハイム・スワロフスキーの農場を訪ね、2頭のシマウマに出会う前、まずはシマウマと、シマウマの生息地について調査することから始めました。そうすることで、ハインツはシマウマをより身近に感じることができ、実際にシマウマを研究する機会を得たのです。最終的に、SCS シマウマ Amaiは、ヘルムートと呼ばれる地元のシマウマ1頭がモデルとなりました。 

ステップ 2:粗面彫刻モデリング

デジタルコンピュータでモデリングを行い、スケッチを三次元表現へと変換させます。この段階では、理想的なポーズが見つかるまで、さまざまなスタンスや表情を試しました。

ステップ 3:デザインモデル作成 

最終的なデザインが決まると、ハインツ・ターバーツホーファーは最高の輝きを放つ傑作に仕上げるため、ファセットの角度を最適化させるよう製品開発者との共同作業を行いました。両者が納得して完成したシマウマ Amaiは樹脂製のレプリカで、457のファセットがあしらわれています。 

ステップ 4:手作りの模型

SCS 2021年度限定作品 シマウマ Amaiが、ハンドカットとポリッシュが施された模型として完成しました。シマウマ Amaiに独特のシルバーナイトとゴールデンシャインの特殊コーティングを施すことで、縞模様を際立たせることに成功しました。

ステップ 5:クリスタルパーツ製作

模型が完成したら、生産が始まります。精密な工具を使って、モデルの構成部品を個別にカッティングしていきます。 

ステップ 6:接着・組立

それぞれの部品は手作業で、丁寧にきめ細やかに接着され、最後に研磨をかけると、シマウマ Amaiに命が吹き込まれます。 

ステップ 7:品質管理

一つ一つのクリスタル製作は、専門家の目によって徹底的にチェックされます。これにより、本物さながらのカラーを再現し、すべてのファセットが完璧で輝きを放つことが保証されます。この最終チェックをパスすると、いよいよ世界中が喜びと輝きで満ちあふれる準備の完了です!