10,000円以上で通常配送無料
スワロフスキー・ジュエリーは、どれも心を込めて作られています。いつまでもその魔法と輝きを保つには、特別なお手入れが必要です。 
スワロフスキー・ジュエリーのお手入れとクリーニング方法をご紹介します。

スワロフスキー・ジュエリーのお手入れ

スワロフスキー・ジュエリーはどれも伝統的な手法で作られた非常に繊細な製品です。すべてのストーンは一つずつ配置され、メタルにはプレーティング加工が施されています。以下の手順に従ってスワロフスキーのピアス、リング、ネックレス、ブレスレットのお手入れしていただくと、ジュエリーをいつまでも最高の状態に保つことができます。

スワロフスキー・ジュエリーのクリーニング方法

Title:
以下の手順でジュエリーをクリーニングし、いつまでもその輝きを保ちましょう。

1

手を洗って、乾かします。

2

リントフリークロス*を使って、すべての面をやさしく拭きます。

3

ペンダントやネックレスのチェーンは、一番汚れが付着している可能性が高いので、最後にクリーニングを行います。

4

ピアスをクリーニングする際は、ポスト(耳たぶに通す軸の部分)を持ちます。

5

ご使用になったジュエリーは、その都度クリーニングを行い、汚れを取り除いてください。 

スワロフスキー・ジュエリーをいつまでも最高の状態に保つための、さらに詳しいお手入れ方法

Title:
•    ジュエリーを保管する際は、傷つけないよう専用パッケージまたは柔らかいポーチに入れてください。そうすることで、日光や高温に晒されることがなく、色褪せを防ぐことができます。
•    手洗い、水泳、または香水、ヘアスプレー、石鹸、ローションなどのボディケア製品のご使用の際は、必ずジュエリーを外してください。こうした液体は金属を傷つけ、プレーティングの寿命を縮め、変色させたり輝きを喪失させる恐れがあります。
•    洋服を着る際は最後にジェエリーを付け、洋服を脱ぐときは最初にジェエリーを外してください。スワロフスキー・ジュエリーのストーンは1つずつ配置されているため、とても繊細です。そのため、強く引っ張ると破損する恐れがあります。また、就寝中や運動中はスワロフスキー・ジュエリーを外してください。

注意事項

Title:
•    水やその他の液体(酸性の液体、音波洗浄機、アンモニアやアルコールを含む市販のジュエリークリーナー)は使用しないでください。こうした液体は、プレーティングやクリスタルにダメージを与える恐れがあります。
•    ストーンやプレーティングに傷や欠けが生じる恐れがあるため、硬い面への衝撃を与えないようにしてください。

ジュエリーのディープクリーニング

しつこい汚れやシミを取り除くには、より集中的なクリーニングが必要になる場合があります。ただし、集中的なクリーニングはプレーティングを保護する観点から、あまり頻繁には行わないでください。
ジュエリーのディープクリーニングは、以下の手順に従ってください

1

清潔なボウルにぬるま湯(30℃前後)を入れ、手肌にやさしい中性タイプの食器用洗剤を数滴加えます。ジェエリーにダメージを与える恐れがあるため、熱湯は使用しないでください。

2

手または毛先のやわらかいブラシを使って、2分以内を目安に水洗いします。クリーニングの際に強い力を加えると、表面を傷つけたりダメージを与える恐れがありますので、ご注意ください。

3

洗剤が残らないよう、きれいな水でしっかり洗い流します。

4

柔らかいリントフリークロス*で十分に乾かす、または完全に乾くまで、清潔な布の上にジュエリーを置きます。

ご不明な点がございますか?

スワロフスキー・ジュエリーのクリーニング方法について、もっと詳しくお知りになりたい方は、弊社までお問い合わせいただくか、お近くの販売店までご来店ください。
*リントフリークロスは、毛羽立ちのない特殊なクリーニングクロスです。 
インターネット、ホームセンター、一部スーパーマーケットでお求めいただけます。

お手入れ方法とメンテナンス

Title:
スワロフスキー・ウォッチおよびスワロフスキー・デコレーションのクリーニング方法についてのガイドも、ぜひご覧ください。
スワロフスキー・ウォッチのクリーニング方法

ウォッチのお手入れ方法

Subtitle:
スワロフスキー・ウォッチは、どれも心を込めて作られています。いつまでもその魔法と輝きを保つには、特別なお手入れが必要です。スワロフスキー・ウォッチのお手入れとクリーニング方法をご紹介します。
スワロフスキー・クリスタルのクリーニング方法

デコレーションのお手入れ方法

Subtitle:
スワロフスキー・デコレーションは、どれも心を込めて作られています。いつまでもその魔法と輝きを保つには、特別なお手入れが必要です。スワロフスキー・デコレーションのお手入れとクリーニング方法をご紹介します。