アフリカのエレガンスを啓蒙する

Swarovski Crystal Society(SCS)は、SCS 2021年度限定作品であるElegance of Africaで、アフリカの中心地への旅をご招待いたします。世界で最も大きな大陸の特徴、美しさ、多様性を表現したクリスタルをご覧下さい。


 

アフリカには2,000以上の言語と3,000以上の異なる民族が存在し、その文化的多様性を表現することは困難を極めています。Elegance of Africanコレクションでは、クリエイティブ・デザイナーのHeinz Tabertshoferが、東アフリカのホオジロカンムリヅルからサハラ以南の息を呑むような野生動物に至るまで、アフリカ各地のパワーを集めました。シマウマ Amai、シマウマの赤ちゃん Zuri、ツル Neema、ウシツツキ Kaliの4つのSCSコレクション製品には、大陸が持つ威厳と魅力が表現されています。

サブサハラの輝き

アフリカ大陸の南半分に生息するシマウマは、アフリカの景観には欠かせない存在で、SCS 2021年度限定作品の中でデザイナーが最も力を注いだ作品です。アフリカの軽快な馬の魅力的なコントラストを体現したSCSシマウマ Amaiは、優雅で飄々(ひょうひょう)とした佇まいを見せ、その美しい縞模様と457の輝くファセットのきらめきが、見る人を魅了します。

野生では、シマウマの縞模様はシマウマを見分ける方法の一つ。しかし、これらの象徴的なマークをクリスタルに表すことは、どんなに美くしても、Swarovskiチームにとって最大の課題でした。SCSシマウマ Amaiの縞模様の美しさをそのままに、さらに輝きを失うことなく表現するため、特殊なコーティングが開発されました。その結果、SCSシマウマ Amaiのまばゆい輝きを放つクリスタルに、エレガントなジェット、シルバーナイト、ゴールデンシャインの効果が加わり、これらが施された美しい組み合わせが、馬の最も勇敢な特徴に命を吹き込んでいます。
 

ジンバブエのショナ語で「母」を意味するSCSシマウマ Amaiに、愛らしいSCSシマウマの赤ちゃん Zuriが加わりました。シマウマは群れをなす動物であるため、単独行動はほとんど見られません。安定した家族集団の中で暮らし、そこでは雌馬は母馬として、18ヶ月間仔馬を大切に育てます。SCSシマウマの赤ちゃん Zuriは、スワヒリ語で「美しい」という意味で、母馬の印象的なシルバーナイトとゴールデンシャイン効果の縞模様が特徴です。SCSシマウマ Amaiと、SCSシマウマの赤ちゃん Zuriを一緒に並べると、アフリカの素晴らしさと感動的なシーンが作り出されます。 

羽根の鳥
"ホオジロカンムリヅルはウガンダの国鳥で、SCS Elegance of Africaコレクションの美しいメンバーの一員です。スワヒリ語で「優雅な」という意味の名前を持つSCSツル Neemaは、アフリカのコントラストを際立たせ、まばゆいばかりの洗練さを見事に体現しています。高さ約1メートルもあるこの鳥は、東アフリカの湿地帯で、パートナーの目を引くために踊ることで知られています。 427のファセットは目を見張るほどの美しさで、鳥に輝きを与えます。スモークトパーズはSCSツル Neemaに灰色の色彩を与え、美しい合成毛冠は、頭を飾るユニークな黄金の羽の冠を表しています。 SwarovskiのElegance of Africaは、皆さまを魅惑的な大陸へとお連れすることをお約束いたします。"

SCS限定作品