強制労働および人身取引防止のためのステートメント
スワロフスキーは、自社従業員およびサプライチェーン従事者の両方を含め、自社事業に貢献するすべての人の人権を尊重します。透明性を確保し、近年制定された法令の遵守を継続するため、スワロフスキーは以下のステートメントを表明します。

2012年1月1日、2010年カリフォルニア州サプライチェーン透明性法がアメリカ合衆国カリフォルニア州で施行されました。この法律は、強制労働や人身取引の問題への取組に関して製造業や小売業の企業が開示する情報の量を増やし、これによって消費者が購入する製品や支援する企業を選ぶ際により豊富な情報に基づいた的確な選択ができるようにすることを目的としています。

2015年10月29日、企業の組織内とサプライチェーンの両方で強制労働を防止するため2015年英国現代奴隷法が施行されました。この法律の要求事項の1つとして、一定の基準を満たした企業は、自社組織内とサプライチェーンでの強制労働を防止するために行った取組等を記載したステートメントを毎年公表することが求められています。

スワロフスキー・クリスタル・ビジネス(スワロフスキー)は強制労働と人身取引に反対するとともに、合法的かつ倫理的に事業を遂行し、すべての人が強制労働の扱いやいかなる種類の強制労働も受けない権利を支援するための基本原則を策定します。
VERIFICATION
スワロフスキーは、自社従業員およびサプライチェーン従事者の両方を含め、自社事業に貢献するすべての人の人権を尊重します。透明性を確保し、近年制定された法令の遵守を継続するため、スワロフスキーは以下のステートメントを表明します。

2012年1月1日、2010年カリフォルニア州サプライチェーン透明性法がアメリカ合衆国カリフォルニア州で施行されました。この法律は、強制労働や人身取引の問題への取組に関して製造業や小売業の企業が開示する情報の量を増やし、これによって消費者が購入する製品や支援する企業を選ぶ際により豊富な情報に基づいた的確な選択ができるようにすることを目的としています。

2015年10月29日、企業の組織内とサプライチェーンの両方で強制労働を防止するため2015年英国現代奴隷法が施行されました。この法律の要求事項の1つとして、一定の基準を満たした企業は、自社組織内とサプライチェーンでの強制労働を防止するために行った取組等を記載したステートメントを毎年公表することが求められています。

スワロフスキー・クリスタル・ビジネス(スワロフスキー)は強制労働と人身取引に反対するとともに、合法的かつ倫理的に事業を遂行し、すべての人が強制労働の扱いやいかなる種類の強制労働も受けない権利を支援するための基本原則を策定します。
監査
スワロフスキーはサプライヤー行動規範の遵守状況を監視するため認定を受けたサプライヤーの監査を行うことができ、労働基準または倫理的商慣行に関連する法令または国際的基本原則の違反が明らかになった場合には取引関係を終了する権利を有します。具体的には、スワロフスキーは近年RSI(「検証」の項目で前述)の一環として特定のサプライヤーに対して第三者監査を開始しています。サプライヤー行動規範または関連基準についての懸念が明らかになった事項については、対話を通じて当該サプライヤーに改善の責任を求め、フォローアップ監査を行いました。

スワロフスキー製品の大半を製造するオーストリア、セルビア、タイ、インド、ベトナムに所在する自社工場のすべてについて、SMETAまたはこれと同等に国際的認知を受けている基準に基づいた第三者監査を実施しました。スワロフスキーは監査の具体的な結果について開示しません。監査は予告の有無に拘らず行われ、当該の監査基準の再監査サイクルに基づいて実施されます。

スワロフスキーはすべてのサプライヤーをRSI監査の対象とすることを目指してRSIの拡大と改善に継続的に努めます。
認定
サステナビリティの問題はスワロフスキー社のトップレベルである取締役会で取り組んでいます。取締役会のメンバーは全員が創立者ダニエル・スワロフスキーの子孫です。コーポレートサステナビリティおよび社会責任担当バイスプレジデントが統括するグローバルのサステナビリティ・チームがスワロフスキーのサステナビリティ戦略を実践に移す役割を果たします。サステナビリティ・チームは全社員と協働し、毎日の業務にサステナビリティ戦略を盛り込むことができるよう、専門的なアドバイスを行ったり目標達成や改善のためのプロジェクトを提言したりします。コーポレートガバナンスにおけるもう1つの防衛ラインは、社内監査およびコンプライアンス担当バイスプレジデントが統括する社内監査制度です。担当バイスプレジデントは、リスク、コンプライアンス、インテグリティの問題について定期的に監査委員会に直接報告を行い、第三者的な視点から意見を述べます。担当バイスプレジデントはグローバルなチームからサポートを受けます。さらにスワロフスキーはインテグリティ憲章を策定しました。この憲章では、スワロフスキーと従業員、サプライヤー、サプライヤーの従業員との間の正しい相互関係やインテグリティと透明性を担保した調達の方法などについて定めています。
社内アカウンタビリティ
サステナビリティの問題はスワロフスキー社のトップレベルである取締役会で取り組んでいます。取締役会のメンバーは全員が創立者ダニエル・スワロフスキーの子孫です。コーポレートサステナビリティおよび社会責任担当バイスプレジデントが統括するグローバルのサステナビリティ・チームがスワロフスキーのサステナビリティ戦略を実践に移す役割を果たします。サステナビリティ・チームは全社員と協働し、毎日の業務にサステナビリティ戦略を盛り込むことができるよう、専門的なアドバイスを行ったり目標達成や改善のためのプロジェクトを提言したりします。コーポレートガバナンスにおけるもう1つの防衛ラインは、社内監査およびコンプライアンス担当バイスプレジデントが統括する社内監査制度です。担当バイスプレジデントは、リスク、コンプライアンス、インテグリティの問題について定期的に監査委員会に直接報告を行い、第三者的な視点から意見を述べます。担当バイスプレジデントはグローバルなチームからサポートを受けます。さらにスワロフスキーはインテグリティ憲章を策定しました。この憲章では、スワロフスキーと従業員、サプライヤー、サプライヤーの従業員との間の正しい相互関係やインテグリティと透明性を担保した調達の方法などについて定めています。
トレーニング
スワロフスキーは調達関係の従業員向けにRSIのトレーニング資料を作成しました。コーポレートサステナビリティ・チームは常に調達部門と協働してRSIのさらなる向上に取り組んでいるため、協力関係は良好であり、強制労働のリスクを未然に防止することができます。さらにコーポレートサステナビリティ・チームはサプライヤーに対してアドバイスサービスも提供しており、スワロフスキーとサプライヤーとの協力関係の強化やサプライヤー工場でのサステナビリティ推進に貢献しています。スワロフスキーの自社工場ではニーズに即したさまざまな専門家による定期的なトレーニングやアドバイスを行っています。例えば、RJCへのコミットメントの一環として、スワロフスキー・ジェムストーン事業部と米国に拠点を置くパーソナライズジュエリー事業部のカミリアの監視ソリューションとトレーニングプログラムを整備・強化しました。その他の工場についてもトレーニングとサポートを継続し、コンプライアンスを徹底しています。