3人のスワロフスキーWater SchoolパートナーがこれまでのWater Schoolでの体験や活動内容を話してくれました。

この3年間Water Schoolコーディネーターとして働くことができたのは、私にとって素晴らしい学びの機会でした。コミュニティ全体の行動に変化をもたらすための戦略を立て、必要な教育プロセスを管理するのが私の仕事です。より良い未来に向けて、子どもたち、保護者、教員と関わっていく非常に奥深く価値ある仕事で、いつも充実感で満たされています。
スワロフスキーWater Schoolブラジル ラケル・ルナさん

Water Schoolプログラムは、参加する学校だけでなく、より広いコミュニティ全体にとって、効果的な学びと行動のプラットフォームになっている点がすごいと思います。子どもたちとコミュニティはこのユニークなプログラムを通じて、中国の河川を再び健康な状態に戻すために目に見える効果のある行動を取ることができるようになるとともに、教育システムを向上させ、自分自身や人間同士、自然との関わりについて考える新たな思考を触発するという、より大きな目標に向けて貢献できるようになります。
スワロフスキーWater School中国 ユンファ・リューさん

スワロフスキーWater Schoolプログラムは20年前にオーストリアで始まり、これまで多数の子どもたちが参加してくれました。ある女性から、自分は小さい頃にWater Schoolの授業を受け、ウィーンで教員をしている今もその授業について覚えており、教材を譲って欲しいという手紙を受け取った時は、とても感動しました。プログラムがどれだけ長期間にわたって存続し、人々の心に届いているかを、あらためて実感しました。さらに、スワロフスキーWater Schoolがこの女性に大きな感情的な影響を与えたこともわかります。こういった感情的なつながりは、活動を続けていく上で欠かせません。
スワロフスキーWater Schoolオーストリア ハンナ・ヴァツルさん

ラケル・ルナさん(ブラジル)
ユンファ・リューさん(中国)
ハンナ・ヴァツルさん(オーストリア)