my swarovski
国/地域
日本

チロル地方が誇るアルプスの美しさ

ヨーロッパ随一の緑豊かな森林に囲まれ、多様性に満ちたカラフルなアルプスの花々が咲き誇るチロル地方のヴァッテンス。ここはスワロフスキーの故郷であり、尽きることのないインスピレーションを与えてくれるかけがえのない土地です。このヴァッテンスとチロル地方についての豆知識をご紹介します。

•チロル地方には広葉樹林と混交林の両方が広がり、オーク、ブナ、モミ、カラマツ、マツなどがあります。
•チロル地方に棲息する高貴なアカシカの一種(学名Cervus elaphus hippelaphus)は長い角が特徴で、長さは最大115cm、重量は最大5kgに及びます。
•オスの角は冬の終わりを中心に毎年抜け落ちます。角がなくなった雄ジカは群れを作り、天敵から身を守ります。
•英語では、角が枝分かれしていない雄ジカを「スイッチ」と呼び、全く角が生えない雄ジカを「ハメル」と呼びます。
•他の地域のシカと違い、チロル地方に棲息するアカシカは吠えるような特徴的な声で鳴き、メスは最も大きい声で頻繁に鳴くオスに惹かれます。
•チロル地方のアカシカは生まれた時には斑点がありますが、夏の終わりには消えます。
•アルプスマーモットはリスの仲間です。
•チロル地方はアルプス特有の多様性に満ちたカラフルな花々でも知られます。エーデルワイス、リンドウ、アルプスナデシコ、アルニカ、アルペンローゼ、ヘザーなどが代表的です。
•リンドウは葉が向かい合って生え、時には地面近くに放射状に生えることもあります。
•リンドウには、ホワイト、クリーム、イエロー、レッドなどさまざまな色がありますが、チロル地方のリンドウはディープブルーや群青色が一般的です。
•エーデルワイスは花びらが二重の星の形に伸びているように見えますが、これは花びらではなく、葉が変形した苞葉です。
•チロル地方に新しい会社を設立したダニエル・スワロフスキーは、1899年に会社のシンボルとしてエーデルワイスを選びました。