my swarovski
国/地域
日本

 

SWAROVSKI WATERSCHOOL – CHANGE, ONE DROP AT A TIME

 

スワロフスキーが2000年にWater School(水の学校)プログラムを発足させた時、これほど大きな変化をもたらすことができるとは誰も予想していませんでした。それから18年、プロジェクトの中心にあるSCS会員の皆さまに誇らしく感じていただけるような成果が世界各地で実を結んでいます。

  

 

子どもたちは未来

 

ビジョンはとてもシンプルなものでした。地球上で最も貴重な資源を大切にするよう子どもたちに教え、子どもたち自身が周りの世界を変えていくのを見守ろう…。それが成功を収めました。発足以来スワロフスキーWater School(SWS)プログラムに参加した子どもたちは、オーストリア、ウガンダ、ブラジル、インドなど全世界で50万人以上。これによって大きな成果が得られました。

• 疾病対策 – ウガンダでプログラムに参加した学校では水・衛生関連疾病の罹患率が2015年の31.4%から2017年には7.6%にまで減少

• 衛生 – インドではSWSプログラムに参加した子どもたち2100人に清潔な水道を引き、1215人に清潔なトイレと手洗い場を設置

• 意識向上 – タイではSWSプログラムに参加した子どもたちの50%が煮沸済の水だけを飲用

• 女性のエンパワーメント – ウガンダでプログラムに参加した学校では生理衛生が向上したため2015年から2017年にかけて女子入学者が18%増加

• 上下水道 – ブラジルのアマゾン湿地帯の遠隔地にある10校の学校で上下水道インフラのランクが「危機的」から「適切」に向上

• 森林再生 – インド、ウガンダ、ブラジルでは2017年だけでSWSの子どもたちによって3500本を超える木を植林

• 安全な水 – 2017年にウガンダの10校の学校に水タンクを設置したことによって地元コミュニティの約6000人に安全な水を供給

• ゴミ削減 – ブラジルのアマゾン湿地帯で8校の学校が「21日間ゴミゼロ」にチャレンジ