10,000 円以上のご注文で配送無料

環境意識の向上を目指して

Title:

水の大切さや価値について、子どもたちがお互いに教え合うことができれば...。これがスワロフスキーWater School最新プログラムの背景理念です。このプログラムは、アースウォッチ・オーストラリアや、キッズ・ティーチング・キッズと協力し、シドニー周辺地域の子どもたちに影響を与え続けていくことを目的とした、9ヶ月にわたるパイロットプログラム。

2000年の設立以来、スワロフスキーWater Schoolの使命は、若い世代を対象に水と環境の大切さを伝えることにあります。さらに重要なのは、よりよい未来へ向けて、子どもたちに知識とツールを身につけてもらうことです。そこで、地球環境NGOであるアースウォッチ・オーストラリアのオーストラリア支部と、ピア・エデュケーション・イニシアチブであるキッズ・ティーチング・キッズという、志が同じ二つの組織と協力する機会を得ることができました。これは、スワロフスキーWater Schoolにとって願ってもない話です。
アースウォッチ・オーストラリアは、約40年にわたり市民科学とコミュニティ・エンゲージメントを通じて、地球規模の変化に対応するために活動を行ってきました。その結果、重要な生息地の保護、生物多様性の保全、そして天然資源の持続可能な利用促進の手助けとなっています。また、環境変化を求める意欲を背景に、ピア・エデュケーションが若者の行動を促すという考え方に基づいたキッズ・ティーチング・キッズも設立されました。1999年の設立以来、15万2千人以上もの学生が、コミュニティで変化をもたらすパワーを得ています。

2020年には、それぞれの団体が協力し、生涯にわたる環境教育がスタート。この目標は、スワロフスキーWater Schoolのミッションやビジョンに極めて一致していたこともあり、エキサイティングな新しいコラボレーションと、地球の裏側のスワロフスキーWater Schoolプロジェクトが始動しました。

文化、コミュニティ、つながり

Title:

完全に解決されていない問題を、どうやって解決していくのでしょうか。解決するのは難しいことです。だからこそ、オーストラリアのスワロフスキーWater Schoolパイロットプログラムでは、シドニー西部とメルボルン外近郊の15の学校コミュニティと、150人の生徒を参加させ、生徒たちが質問をしたり、長期的で持続可能な変化という名目で、無数の解決策を探っていくパワーを与えていきます。
プログラムに参加する子どもたちは、スクールイヤーを通じて4つのフェーズを経て、水の保全と環境のリーダーになることを目指します。まずは第一段階として、参加する子どもたちは調査を行い、批判的思考を通じて問題の全体的な複雑さを理解し、問題に対処するために求められる行動の変化を把握します。そして、土地の伝統的な管理者とつながりを持ち、先住民族の文化を通じて、水の価値について深堀りしていきます。

また、初のオーストラリア先住民系Edu-tech企業のIndigital社が、拡大現実(AR)、アニメーション、オーディオ録音、コーディングといった最先端テクノロジーのデジタルスキルを支援します。その後も、地方自治体、政府機関の代表者、環境団体から話を聞きながら、水の大切さについての理解を深めていきます。
子どもたちは知識を身につけると、他の子どものために学びを振り返り、それを行動へ移すためのワークショップを開催します。プロジェクトに参加した子どもは最終的にリーダーとなり、仲間に自分を見習ってもらいながら、目標の達成を見届け、プラスのインパクトを生み出していきます。

スワロフスキーは、若い世代自らが地球の未来のために立ち上がるパワーと声を身につけられるよう、イベント、講演会、バーチャル教育を通じてプロジェクトを支援します。

Waterschoolをご自宅で

Title:

インスピレーションは得られましたか?ワークシートはダウンロード可能となっていますので、水の使用量を減らし環境保護について学びましょう。ワークシートはスワロフスキーWater School向けに作成されたものなので、教育者の足跡をたどることができます。

「見えない水」とは?

マイクロプラスチックについて学ぶ

衛生管理における水の役割

画像提供:アースウォッチ、キッズ・ティーチング・キッズ