カテゴリー

クイックリンク

ホーム

スワロフスキー物語

1895年の設立以来、スワロフスキー社を支えてきたものはクリスタル・カットにおける創設者ダニエル・スワロフスキーの匠の技です。技術革新とデザインへのあくなき情熱によって、世界随一のジュエリー&アクセサリー・ブランドへと発展しました。今日も、全世界の女性の毎日に特別な輝きをもたらす伝統を創業者一族が担っています。

ダニエル・スワロフスキー・コーポレーションAGの詳細については www.swarovskigroup.com をご覧ください。

クラフツマンシップと匠の技

クラフツマンシップと匠の技

  • インスピレーション・ブリーフィングからコレクション発売まで、スワロフスキーの制作プロセスは多岐にわたります。トレンド・キュレーション、デザイン、意味のあるブランディングに主眼を置き、すべての作品に独自の物語と120年以上にわたる卓越したクラフツマンシップが込められています。素材や技法もたゆまなく進化。こうしてスワロフスキーはカット・クリスタル製品の世界的リーダーであり続けます。

  • 歴史あるヴァッテンスの街に位置するスワロフスキー本社では、毎日のように新しいカット、カラー、サイズが生み出され、クリスタルの限界に挑戦しています。スワロフスキーのノウハウはクリスタルの加工にとどまらず、素晴らしい芸術品を創作するための方法論にも及びます。ビーディングやパヴェ、ベゼル・セッティング、プロング・セッティングをはじめ、さまざまな技法を駆使しながら、最高の輝きと優美で洗練された魅力を引き出します。

  • スワロフスキーでは、手作業で極めて緻密にクリスタルをセッティングするポインティアージュ技法など、スワロフスキー独自の技法を使って美しいクリスタル製品を作り上げます。細部にまで気を配り、すべての製品が最高の品質であることを徹底。この姿勢は、最初のデザインスケッチから組立まで、すべての制作プロセスに貫かれています。

伝統文化

伝統文化

  • 1891年、ダニエル・スワロフスキーが抱いていたビジョンは「誰もが手にすることができるダイヤモンド」。このため従来よりはるかに精密にクリスタルをカットする電動機械を発明し、クリスタルの新たな時代の幕を開きました。1920年代には、米国のジャズホールからパリのクチュールメゾンまで、ビーズやスワロフスキー・クリスタルをふんだんに使った時代を反映するドレスが世界を席巻しました。

  • 20世紀には、スワロフスキーはオートクチュールデザイナーとのコラボレーションを開始。1950年代にクリスチャン・ディオールと共同で開発した「オーロラボーリエイラス・エフェクト」は、クリスタルにオパール風の光沢を与え、ファッション界に新たなクリエイティビティの可能性を切り開きました。また銀幕の世界でも、「紳士は金髪がお好き」や「ティファニーで朝食を」など、伝説的な作品を飾りました。1962年5月19日にマリリン・モンローが米国大統領のために歌った時には、スワロフスキー・クリスタルで覆われた肌色のドレスを身にまとって登場。このドレスは1999年にオークションで126万ドルで落札されています。

  • クリエイティブなコラボレーションと優れたノウハウを携えたスワロフスキーは、1980年代に自社ショップ第一号をオープン。ジュエリーとクリスタル・フィギュリンの新たなブランドとして、世界中から愛されるようになりました。また、クリスマスオーナメント年度限定品を発売するなど、全世界のコレクターにとっての新たな伝統も生まれました。

  • 35年間にわたって、Nirvanaカクテルリング、Slakeブレスレット、スイス製ムーブメントを搭載したウォッチなど、ユニークな製品で世界を魅了し続けてきたスワロフスキー。2008年には、魔法のような「Crystal Forest」デザインコンセプトが全世界のショップに導入され、クリスタルのワンダーランドにお客様をお迎えできるようになりました。今日では、スワロフスキー・ブランドの精神とエッセンスを体現するモダンな女性の代表として、カーリー・クロスがグローバル広告キャンペーンのミューズを務めています。

CSR

企業社会責任

  • スワロフスキーは1895年の設立以来、企業責任、倫理、環境保護において高い水準を維持してきました。今日では、倫理性と誠実性を伴う行動、従業員への配慮、責任ある製品の開発、環境保護、社会還元、責任あるサプライチェーンの6分野に重点を置いた企業責任戦略を採択しています。

    詳しくはスワロフスキー・グループのウェブサイトをご覧ください。ウェブサイトは
    こちら

  • 倫理性と誠実性

    ダニエル・スワロフスキーは、最も厳しい倫理観をもってすべての事業活動に当たることを徹底しました。この理念は今もスワロフスキー社の企業文化の中核となっています。創業者一族が100%所有するスワロフスキー社では、その中心に常に家族の大切さがありました。今日では、会社の世界的な成長に伴い、企業倫理と価値基準を誠実性憲章として体系化し、さらに発展させていきます。

  • 従業員への配慮

    スワロフスキー社を支えているのは、優秀で意欲にあふれた信頼性の高い人材を採用し、雇用していく力です。すべての従業員はスワロフスキーの成功に欠かせません。すべての従業員についてダイバーシティと均等機会の理念を堅持しており、特に従業員の70%以上を占める女性については最重点を置いています。スワロフスキー社エグゼクティブ・ボードメンバー会は、2014年、国連の「女性のエンパワーメント原則」への支援を表明しました。

  • 責任ある製品

    スワロフスキー社の「CLEAR」プログラムは、認可済みの原材料のみを使用し、ニッケル、鉛、カドミウムなどの制限物質の使用を制限することを徹底するためのプログラムであり、これによって製品の安全性を保証しています。12年間にわたる研究の結果、スワロフスキーは鉛を含有しないクリスタル製法を発表。業界全体における品質とその持続性の基準を大幅に引き上げました。

  • 環境保護

    スワロフスキー社は、すべての企業活動において環境への影響を最小限に抑えることに努めるとともに、生産工程で生じ得る環境面での課題を能動的に管理する実績を誇ります。また全世界のスワロフスキー・ショップでは、「Leadership in Energy & Environmental Design(LEED)」認証制度に従ってスワロフスキー・サステイナブル・ショップ・イニシアティブを実践しています。

  • 社会還元

    スワロフスキー社は社会還元の長い歴史を誇ります。1895年の設立以来5世代にわたって社会貢献と慈善活動への強い信念を貫いてきました。現在もこの伝統を受け継ぎ、地元からグローバルまで、インパクトのあるイニシアティブを通じてより良い社会に貢献することを使命としています。

    詳しくはウェブサイトをご覧ください。ウェブサイトは こちら

  • 責任あるサプライチェーン

    スワロフスキー社は、サプライチェーンのすべてにおいて、より高い信頼性、品質、生産性を達成するための方針を採択しています。責任あるソーシングを実践するためのリスポンシブル・ソーシング・イニシアティブと縦割り構造の製造工程によって、人権に重点を置き、サプライヤーとの関係を強化しながら、高い労働基準と環境基準を維持しています。

ニュースレターに登録すると 10% クーポンが送られます。
10% クーポン

第三者がお客様の個人情報を見ることはできません。 詳細はこちらからお読みください。 プライバシーポリシー .

Back to top
クッキーが有効ではありません。

お客さまのブラウザのクッキーが有効ではないようです。クッキーを有効にし、このページを再度読み込んでください。